YASUHIDE さん 立命館大学 政策科学部 政策科学科 卒業 2016 年入社

「何が一番譲れない?」を考え抜けるときっと良い会社に巡り合える

YASUHIDEさんは現在、業務部 品質管理購買課で、エレベーター点検などのスケジュール調整や作業の品質維持、オーナー様への報告書を整えるなど業務の窓口を担当しています。YASUHIDEさんから就職活動を頑張っている皆さんへの応援メッセージです。

生和アメニティへの入社を決意した動機・ポイント、なぜ・どう決めたかを教えてください

大きな決め手は、生和アメニティの「事業の安定性」と「業務内容」です。就職活動時は、インフラ産業に携わりたいと考えておりました。生和グループの採用過程では、担当者へ希望会社を言うことが出来ました。グループの中でも、生和コーポレーションで建てた物件を守り、長きにわたり紆余曲折を見守れる生和アメニティの仕事内容にとてもやりがいを感じ入社を決めました。入社後も、イメージ通り、入居者様の住まいを守る、家主様の資産を守る大切さや、大変さを感じながら毎日仕事をしています。

業務や職場の雰囲気を、自分なりの言葉で表現してください

私の業務は、社内での作業がほとんどです。日中の社内は静かで仕事がしやすく集中できます。一部の緊急対応案件については、その場で個人の判断力が求められることもあり、臨機応変に対応することも求められます。また、上司や同僚との関係は良く、何でも相談できる環境にあります。部署内でのコミュニケーションは取れており、仕事終わりに飲みにに行くことは少ないですが、関係も良好です。業務終了後は、明日の仕事に備えてしっかりと休息をとることも出来ますし、他部署やプライベートの友人と遊ぶことも出来、ワークライフバランスがとれる会社だと思います。

仕事をしていてうれしかった・楽しかったこと、辛い・悲しい・悔しかったことは

まだまだ、大変なことの方が多いです。以前、電話での説明が不十分で、お客様の気分を害してしまうことがありました。素因としては、上司からの指示をきちんと汲み取れず自分なりに解釈し、お客様の反感を買う結果となりました。仕事を覚えることとして慣れは大切ですが、慣れすぎることはもっと怖いことだと実感しました。似たような案件は多いのですが、お客様の考え方や価値観は各々違うため、全く同じ対応をすれば良いわけではありません。その都度、自分自身の経験不足を痛感します。また、清掃に関するお問い合わせの現地確認に出ることが多くありす。現地にて清掃業者と共に是正を行い、物件の美観が良くなれば、自分自身も心地いいものです。

就職活動をしている学生の方にひとこと

私の就職活動時は【売り手市場】でしたが、今は【超売り手市場】のようですね。入社する会社を選べる時代で、自分自身の「何が一番譲れない?(給与面だとか働く環境だとか)」を考え抜けると、きっと良い会社に巡り合えると思います。頭と手と脚を使って、就職活動を乗り越えてくださいね!

CONTACT

ちょっと質問!と思うことや、相談ってほどでもなく、まだ迷ってるんだけども…という方でもぜひ気軽にLINEしてみて下さい!あなたの疑問にお答えします。